頸椎椎間板ヘルニアのメカニズム

頸椎椎間板ヘルニアは大生の人が抱えており、最近では若い人にも急増しています。椎間板ヘルニア自体は椎体内の椎間板がずれてしまい、結果として脊髄を圧迫してしまい、神経症状が出現してしまうものです。昔は腰に生じることが多かったです。しかし最近では携帯を触る人が多く、多くは頭をかがんで使用していることが多いです。その状態が長時間続くことで頸椎に負担をかけてしまいます。パターンは他にもありますが、その結果頸椎椎間板ヘルニアを生じる人が増えています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 健康は病気の予防から All rights reserved