健康維持のための予防医学

健康を維持するためには日ごろからの自身の健体調管理が大切になります。どれだけ気を付けていても止むを得ず病気になることがあり、病気にならないためには病気の早期発見と早期治療が大切です。近年、予防医学の側面が高まり、街のクリニックでもCTやMRI、内視鏡などの検査機器を導入して検査を主体として医療サービスを提供することが増え、日本人の平均寿命のみではなく健康寿命を延ばすことを目的として医療が考えられています。早期治療に取り組むことで、患者の体力的、経済的負担も軽減するため予防医学はとても重要な考え方です。

健康維持に有効な運動について

がんなどの病気になり健康を損なうと順調だった人生が狂ってしまうこともありますので、日常生活の中で病気の予防を心がけことが最も大切ですが、最も有益なのは運動を続けることです。運動の効果は「ストレスを解消」「筋力や柔軟性を向上」「食欲を増進させ消化・吸収力を高める」「ストレスの解消」「心肺機能や血流が向上」「肥満や動脈硬化を予防」「糖尿病などの生活習慣病を改善」などがあげられています。健康を維持していくためには、1キロ以内だったら歩くなど常に体を動かすアクティブな生活を心がけるだけでも運動になり効果がありますので習慣づけてみてください。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 健康は病気の予防から All rights reserved