朝起きれない人の行動改善方法

長時間眠ったのに朝起きれない、目覚めた後がすっきりしない、もう一度眠りにつきたいといった症状の方が多く見られます。睡眠時の呼吸疾患などの病気が原因の人以外は生活の規則性に原因があります。睡眠は時間ではなく質が良くなくては疲れはとれません。質を良くするには毎日の生活を正します。毎日同じ時間に眠り起きる、朝起きた時は太陽の光をいっぱい浴びる、朝食を必ず摂る、疲れを溜めないなど生活を規則正しくすることで良いねむりができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 健康は病気の予防から All rights reserved